~そして、いよいよ!?
いよいよ木屋町の「○*○*屋」に到着!
なんとか我々も入る事ができ、ホッと一安心。
歌之助さんと他のお客さんは奥の座敷に、
我々は、手前のテーブル席に、その横のカウンターには
歌々志さんと米平さんが座った。
そして乾杯。聞くと今日は歌之助さんのお誕生日で
         それを祝う会だったのでした。
ラッキーな事に、そんな特別な日に
たいして特別でもない 我々が加わってしまったわけなのでした。
ドキドキしながら、米平さんにビールをつぎに行く嫁さん。
緊張のあまり、ちょちょまっている。
そして、積極的に話しかけて行くサル!
普段「役立たず」とか「バカザル」とか陰口を言っていたが、見直したぞ!
次第に緊張もほぐれ、
とゆうよりも、落語家さんの方で随分こっちに
気を使っていただき、話も弾んだ。
歌之助さんも時々 奥からこっちの席に来てくれてお話しました。
 途中、まっちゃん(誰やネン)からの電話でゆきぽん退席。
         ちょっと、寂しそうな歌之助さんであった。
からしれんこんをアテに 濁り酒をガンガンいって。。。 
緊張してたのが嘘のような盛り上がり。 どっちが芸人さんや もうわからん。。。。ユ まさに3年ごしの夢が叶った瞬間!! 今日だけは、自分をほめてあげたい!!! (なんにもしてないんやけどね)
いろんな話もでき大感激の夜でした。
これで、ちょっとは歌之助さん達との距離もちぢまったか?
今度の かねよ寄席では、ちょっと はにかみながら『歌さん』と呼び掛けてみよう。
夢を現実のモノにした今、
我々はまた、新たな野望に向けて歩き出す!
         漫才師と呑む! 占い師とカラオケ!
力士と山歩き! 秀樹と感激!など
         企画はめじろ押しだ!積極的に仕掛けて行こう。
最後に、何処の誰やわからん、むしろ怪しい我々を快く迎えて下さった
歌之助師匠はじめ、米平さん、歌々志さん、あの場にいた皆さん。
 本当に
ありがとうございました!(涙)
おしまい
BACK TOP